名古屋大学受験のプロが教える!名古屋大学の入試傾向と対策

名古屋大学受験のプロが教える!名古屋大学の入試傾向と対策

現役名大生が教える名古屋大学の入試傾向・対策

本ページは、名古屋大学の受験生へ向けて名大の入試情報・入試傾向・入試対策が書かれています。


本ページの特徴は、名古屋大学を受験し実際に合格した「現役名大生」に、対策方法を直接聞いたことです。


彼らは受験期に名古屋大学の入試を毎日対策し、合格を勝ち取った名古屋大学入試のプロです。


数ある対策方法の中でも非常に信頼性があり、具体的な対策方法となっております。


最後には現役名大生から、名古屋大学の受験生へ応援メッセージもありますので、ぜひご覧ください。










名古屋大学の入試情報を網羅

ここでは名古屋大学の試験時間・学部学科別の入試科目・配点などの最新入試情報を網羅してご紹介します。





名古屋大学の入試科目と科目別試験時間

以下が名古屋大学の入試科目とそれぞれの試験時間となります。



◯国語

・該当する全学部学科:105分


◯数学

・文系学部(文学部・教育学部・法学部・経済学部):90分

・理系学部(情報学部・理学部・医学部・工学部・農学部):150分

※情報学部人間・社会情報学科は「地理歴史」「数学」のうち「数学」を選択した場合、90分


◯理科

・情報学部自然情報学科のみ:75分

・上記以外の該当する全学部学科:150分


◯外国語

・該当する全学部学科:105分


◯地理歴史

・該当する全学部学科:90分


◯小論文

・該当する全学部学科:90分


◯面接





名古屋大学の学部/学科別の入試科目・配点

以下が各学部・学科の入試科目と配点になります。



*見たい学部を押していただければ該当学部・学科へジャンプします。


▼文学部 ▼教育学部 ▼法学部
▼経済学部 ▼情報学部 ▼理学部
▼医学部 ▼工学部 ▼農学部




◯文学部

外国語(英語・ドイツ語・フランス語・中国語から1つ選択)・・・400点


地理歴史(世界史B・日本史B・地理Bから1つ選択)・・・200点


文系数学(数学1A・数学2B)・・・200点


国語(国語総合・現代文B・古典B)・・・400点





◯教育学部

国語(国語総合・現代文B・古典B)・・・600点


文系数学(数学1A・数学2B)・・・600点


外国語(英語・ドイツ語・フランス語・中国語から1つ選択)・・・600点





◯法学部

文系数学(数学1A・数学2B)・・・200点


外国語(英語・ドイツ語・フランス語・中国語から1つ選択)・・・200点


小論文・・・200点





◯経済学部

国語(国語総合・現代文B・古典B)・・・500点


文系数学(数学1A・数学2B)・・・500点


外国語(英語・ドイツ語・フランス語・中国語から1つ選択)・・・500点





◯情報学部/自然情報学科

理系数学(数学1A・数学2B・数学3)・・・400点


理科(物理基礎/物理・化学基礎/化学・生物基礎/生物・地学基礎/地学から1つ選択)・・・300点


外国語(英語・ドイツ語・フランス語・中国語から1つ選択)・・・400点





◯情報学部/人間・社会情報学科

地理歴史(世界史B・日本史B・地理Bから1つ選択)・・・400点


文系数学(数学1A・数学2B)・・・400点


(地理歴史・数学のどちらかを選択)


外国語(英語・ドイツ語・フランス語・中国語から1つ選択)・・・700点





◯情報学部/コンピュータ科学科

理系数学(数学1A・数学2B・数学3)・・・500点


理科(物理基礎/物理・化学基礎/化学・生物基礎/生物・地学基礎/地学から2つ選択)・・・500点

※ただし、物理基礎・物理を含む


外国語(英語・ドイツ語・フランス語・中国語から1つ選択)・・・300点





◯理学部

国語(国語総合・現代文B)・・・150点


理系数学(数学1A・数学2B・数学3)・・・500点


理科(物理基礎/物理・化学基礎/化学・生物基礎/生物・地学基礎/地学から2つ選択)・・・500点

※ただし、物理基礎/物理・化学基礎/化学のいずれかを含む


外国語(英語・ドイツ語・フランス語・中国語から1つ選択)・・・300点





◯医学部/医学科

国語(国語総合・現代文B・古典B)・・・150点


理系数学(数学1A・数学2B・数学3)・・・500点


理科(物理基礎/物理・化学基礎/化学・生物基礎/生物から2つ選択)・・・500点


外国語(英語・ドイツ語・フランス語・中国語から1つ選択)・・・500点


面接(適性をみる)





◯医学部/保健学科

理系数学(数学1A・数学2B・数学3)・・・500点


理科(物理基礎/物理・化学基礎/化学・生物基礎/生物から2つ選択)・・・500点


外国語(英語・ドイツ語・フランス語・中国語から1つ選択)・・・500点





◯工学部

理系数学(数学1A・数学2B・数学3)・・・500点


理科(物理基礎/物理・化学基礎/化学)・・・500点


外国語(英語・ドイツ語・フランス語・中国語から1つ選択)・・・300点





◯農学部

理系数学(数学1A・数学2B・数学3)・・・400点


理科(物理基礎/物理・化学基礎/化学・生物基礎/生物から2つ選択)・・・600点


外国語(英語・ドイツ語・フランス語・中国語から1つ選択)・・・400点





現役名大生が教える!名古屋大学の科目別入試傾向と対策

続いて、現役名大生が自身の合格経験から、入試傾向と対策をお伝えします。



信頼性の高い入試対策をご覧ください。





英語の傾向と対策



◯現役名古屋大学生S様による英語の入試傾向・対策

英語は2年前くらいまで、英作文が和文英訳で自由英作文は出なかったが、近年自由英作文なども出るようになり、形が変化してきている。



長文はかなり長いので、長い文章をしっかり読みきれるようにしておくことが必要。


また、記号問題から英文和訳や英語の質問に英語で答えるなど幅広く問題が出るが、日本語で書く量が他大に比べて多い。



対策としては、名古屋大学の過去問を解く以外に問題の形がにている神戸大学の過去問をやることも効果的である。


また、毎年、かなり出題の形が変わっていってる様子なので、余裕があるなら旧帝大の過去問をある程度触れておくと、本番傾向が変わっても安心。



対話文の問題は基本的に簡単で点数もとりやすく、英作文と対話文ではない長文を読む練習を積み重ねておくことが大事。





◯現役名古屋大学生K様による英語の入試傾向・対策

京都大学のような複雑な英語の文章は出てこないが難関大レベルではあるので単語や文法は完璧に仕上げておく。


単語に関しては2000語は最低でも覚えておくと安心。



名大英語のメインの得点源となるのは長文問題なので対策は主に長文問題に重点をおく。


長文問題のテーマとしては前年度出版された雑誌を使っているようで、文化・教育・環境など広い分野から出題される。



対策法としては「パラグラフリーディングを身に着ける」こと。

1段落を読み終えるごとに自分の言葉で段落をまとめておく癖をつけるといい。



最後に差がつくのが和文英訳。


そのまま英語に訳すのではなくて臨機応変に英語を使えるようにする。


自由英作文における文章は、ほとんどが例文の組み合わせで解けるようになっているので100文くらい覚えておくといい。





文系数学の傾向と対策



◯現役名古屋大学生K様による文系数学の入試傾向・対策

おそらく文系にとって一番差が開きやすいため、最も重要な科目。



毎年問題が三問しか出題されないため、一問一問の配点がとても大きいので注意が必要。


また、文系にしては計算量なども多いため、時間的にも厳しくなる。



確率の問題がほとんどの年で出ており、毎年確率漸化式が出ることが特徴的である。


また関数の微分、積分などの問題も出やすい。

ベクトルなど出ない問題もあるが、一問一問の配点が大きいため、基本的にはどの分野の問題が出ても、人並みには点数をとれるようにしておくことがマスト。



基本的には、名大の過去問を手に入るだけやっておくことと、名大オープンの過去問なども手に入るだけ見ておくべきである。

どの分野においてもすべて基礎を定着させておくことが対策としては大切である。





理系数学の傾向と対策



◯現役名古屋大学生S様による理系数学の入試傾向・対策

確率、数列、微分法・積分法(数Ⅲ)が頻出で、整数問題の出題も例年は多い。


後半に難度の高い融合問題が出される。



設問の意図を読みとって解答を組み立てて記述する力と、正確で迅速な計算力などの総合力が大事。


第1~3問は完答を目指して第4問は解けるところまで解くこと。


この時にあせって1つの問題に時間をかけ過ぎず取捨選択する力も必要になる。



名大は標準的で特殊な解法を必要とする問題はあまり出題されない傾向にあるから、まずは典型的な問題の解答を網羅することが重要。


だからチャートなどの辞書型の問題集で解法や公式の知識における穴を埋めること。


その後に頻出である微分積分法と数列に関しては有名関数(例えばサイクロイドやカテナリー曲線)、有名数列(例えばフィボナッチ数列)などの導出過程や知識に触れておくと◎。





国語の傾向と対策



◯現役名古屋大学生K様による国語の入試傾向・対策

名大の国語は漢文のラストの要約問題が時間がかかり、時間的に難しい。


現代文は45分、古文は30分、漢文は30分という時間配分でやるのが基本だとは思うが、個人的には現代文をいかに早く解いて、古漢にしっかり時間を残せるか、また、古漢を先に解くなど工夫が必要。



また、古文は俳句や短歌などの、訳す問題が出やすく、ほぼ毎年出ている感覚。


基本的にできない人は多いと思うが、縁語、掛詞など、俳句などの基本的なルールは正しく押さえておくことが大切。



現代文は難易度の面で比較的他の大学より難しくない。最初の漢字の問題でしっかりとれると気持ち的に安心していける。



総合的な対策としては、古文漢文をしっかり口語訳できるように演習していくことが、名大国語で最も大切である。


あとは自分なりの時間配分を見つけることが重要だ。





化学の傾向と対策



◯現役名古屋大学生S様による化学の入試傾向・対策

標準より少し難しいけど教科書を大きく逸脱するような問題は見られない。


有機の構造推定(構造決定)や生体分子は近年ではよく出題されている。



化学は例年理論・無機化学で3問、有機化学で2問の計5問が出題される。毎年20~90字の論述問題も出されているので対策をしておくこと。


理論・無機化学では気圧計算・結晶構造が、有機化学では構造決定・油脂が頻出である。



化学はかなり問題数が多いため、いかにスピードよく解き進めていけるかが高得点を取るポイント。



特に理論化学の計算問題は簡単なことが多いので早めに終わらせると楽。


対策法としては「用語の意味をしっかり押さえておく」こと。



化学用語を文章や日常生活でどのように使われているかなどは理解しておいておく。


化学用語を説明できて、過去問で問題に慣れれば大丈夫。





物理の傾向と対策

対策方法が集まり次第、掲載致します。





生物の傾向と対策



◯現役名古屋大学生S様による生物の入試傾向・対策

設問は記述問題・実験考察・空欄補充・計算問題が出題される。



論述問題・実験考察は量・難易度、共に難度が少し高いものとなっており、その場で問題を理解し答えるというタイプの問題が多い。


しかし計算問題は典型的なものが多くて空欄補充も基本的な用語を多く問うてくる。



回答の正誤よりも過程を重んずる傾向があるので、論述問題でも結論だけじゃなくそこに至るまでにどのようなプロセスを辿ったかを述べることが重要となる。



大門4個に対して75分で全て回答しなければいけなくて、時間的な余裕はあまりないので制限時間内で全て回答するには、実験考察・記述問題の問題文を素早く読んで要点を理解し、回答を述べる力をつける必要がある。



論述問題や実験考察問題はある程度の数をこなして慣れる必要があるので、名古屋大学の過去問を解いたり同レベルの大学の過去問も解いて実践力をつけると◎。





地学の傾向と対策

対策方法が集まり次第掲載致します。





日本史の傾向と対策

対策方法が集まり次第掲載致します。





世界史の傾向と対策

対策方法が集まり次第掲載致します。





面接の傾向と対策



◯現役名古屋大学生S様による面接の入試傾向・対策

看護学専攻の面接は本当に基本的なことしか聞かれなかった。


志望動機と志望理由書に書いてあった内容について少し触れるくらいで時間的にも10分程度の軽いものだった。



対策としては志望動機をしっかり主張することと、自分が志望理由書に書いた内容を突っ込まれてもいいように自分で聞かれそうな質問を考えてそれに答えられるようにすることくらいで十分。



同じ名古屋大学の面接を受けていた人に聞いたら、志望理由さえ聞かれずに、「高校の頃の部活を聞かれてエアーでそれを表現してみて」とか、「高校の頃の制服の話」とかあまり受験に関係ない話をして受かった人達もいたらしい。



もしかしたらセンターの点数でほぼ決まってて面接で聞く内容の難易度を変えてる可能性があるかもしれない。









現役名大生から名古屋大学受験生への応援メッセージ

ここまで、現役名大生が、名古屋大学の入試傾向・対策をご紹介しました。


最後に、対策情報を教えてくれた名大生から、名古屋大学を受験する受験生の皆様へ応援メッセージがあります!





◯現役名古屋大学生S様から名古屋大学受験生への応援メッセージ

学部によって入りやすさはかなり変わると思いますが、出題形式に慣れるとどんどん点数が上がりやすい構成になっていると思うので、こつこつ頑張ってください!





◯現役名古屋大学生K様から名古屋大学受験生への応援メッセージ

名大の問題は勉強した分だけしっかり成果が出る問題が多いと思うので、頑張った分だけ合格を勝ち取れる可能性が上がるはずです!頑張ってください!









他大学の入試傾向・対策

他大学の入試情報・入試傾向・入試対策も随時更新中です!出来次第、掲載していきます。


・大学受験対策TOPはこちら

・神戸大学対策はこちら









オンライン東大家庭教師友の会の教師で名古屋大学に合格!

オンライン東大家庭教師友の会は、北海道〜沖縄の全国どこからでも、オンラインの指導によりマンツーマンの授業を受けることができるサービスです。



オンライン指導の特性を活かして、名古屋大学の偏差値に届いていない受験生を合格へ導きます!



名古屋大学出身教師在籍数:587


※2020/1時点





オンライン東大家庭教師友の会が名古屋大学受験に強い3つの理由

オンライン東大家庭教師友の会が、大学受験のオンライン指導に選ばれるには大きく3つの理由がございます。





1.教師は現役の難関大生のみ採用

難関大生家庭教師

オンライン東大家庭教師友の会では、採用している教師が全員、現役の難関大生となっております。


「難関大生教師」と「大学受験」は非常に相性が良く、ご家庭様に満足されています。


難関大生教師と大学受験の相性の良さには3つのポイントがあります。



①最新の名古屋大学受験のノウハウ・情報を持っている

現役の難関大生教師は、たった数ヶ月前〜数年前に受験を経験・合格しています。

そして彼らの中には、実際に名古屋大学を受験し合格した経験を持つ教師がいます。

そのため最新の名古屋大学受験の情報・名古屋大学の対策を生徒様にお伝えすることができ、自身の経験を生かしたよりリアルな情報を生徒様にお伝えできます。



②名古屋大学受験生のメンタルサポートができる

上記のように、難関大生教師は、彼ら自身が少し前に大学受験を経験しています。

だからこそ、勉強を頑張る大学受験生の「悩み」や「合格したいという思い」を強く理解しています。

そのため大学受験生のメンタルサポートがどれだけ重要かを理解しており、サポート力が非常に優れています。



③受験生の憧れ/ロールモデルとなりモチベーションUPに役立つ

生徒様と難関大生教師は年齢が近いこともあり、生徒様にとって、自身が目指す大学生は憧れの存在です。

生徒様に大学生活の話などで等身大の大学生を見せることで、指導を通して、実際に教師が生徒様の憧れとなっていることが多く見られます。

そしてその「憧れ」が名古屋大学受験のモチベーションUPに貢献しております。





2.教師の採用率は20%以下の厳しい選考

教師選考

オンライン東大家庭教師友の会の教師採用率は20%以下です。


面接で教師の人柄、模擬授業で学力や指導力をチェックしているため、質の高い指導を実現することができます。





3.難関大生教師は国内最大級15万人が在籍

マッチング精度

オンライン東大家庭教師友の会の難関大生教師は、国内最大級である15万人が在籍しております。


お問い合わせをいただいたら、生徒様の性格・伸ばしたい科目・苦手科目などをご家庭様に伺い、最適な教師を15万人の難関大生教師からご紹介いたします。


ご希望であれば、名古屋大学出身・名古屋大学に合格した教師などをご紹介することも可能です。

※ご希望に添えない可能性もありますので、お問い合わせいただければ詳しくご説明致します。

そのため、教師と生徒様のマッチング精度は非常に高く、ご家庭様に選ばれる理由となっております。







名古屋大学合格へ!3分間のオンライン指導紹介動画

3分間でオンライン指導が理解できる動画をご紹介致します。ぜひご覧ください。








無料の体験授業・資料請求・ご質問はこちらから

体験授業のお申し込み・資料請求・ご質問等、お気軽にお問い合わせください。











首都圏にお住まいなら東大家庭教師友の会!



引用元:https://www.tomonokai.net/



首都圏にお住まいで、「オンラインではなく対面で授業をしたい!」という方は、東大家庭教師友の会にお問い合わせください。